鉄道情景 ~日帰り18きっぷの旅 雪の餘部鉄橋~ その2

f0180085_23551863.jpg
美しかった下山を後にして、電車は北へ進みます。
雪はますます深くなり期待は膨らみます。

まもなく電車は福知山に到着。
ここで豊岡行き普通電車に乗り換えます。
ここからは古いタイプの車両で4人がけのボックスシートです。
そんなに混んではいなかったので楽々、進行方向の窓際をゲットできました。
このままボックスシートを一人で独占できるかなと思っていたのですが、
祝日で18きっぷ最終日ということもあり、少し年配の大柄の男性と相席となりました。
相席は別にかまわないのですが、座った場所に問題がありました。
ご存知の通り古い車両のボックス席はかなり狭いので、ボックス席に相席となると、
後から座る人は斜め向かいの通路側に座るのが普通なのですが、
その男性、なんと僕の真向かいの窓際に座ったのです。
どうやらどうしても窓際に座りたかったのでしょう。。
まぁ仕方ないか〜、気持ちも分からなくもないしとも思っていたのですが
友達とか恋人ならいざ知らず、見ず知らずのしかもかなり大柄な年配の男性と
真向かいで時間を過ごすというのはなかなか辛いものがありました。
気にしなければいいのですが、狭いし、足もちょくちょく触れ合うし気になって仕方ありません。。
なんか話しかける雰囲気でもなかったし、豊岡まで気まず〜い時間を過ごしたのでした。

1時間ほどで豊岡に到着。ここで浜坂行き普通列車に乗り換えです。
ようやくこの気まずい空間から解放されました。
次も古いボックス席の列車で、ここでも進行方向の窓際をゲットできました。
今度こそゆっくりボックス席独占できるかなと思っていたら、先ほどの男性の姿が。
まさかこっちには来ないだろうなと思っていたのですが、無事僕の横を通りすぎていきました。
あ〜、よかった。。これでゆっくり足のばせるなぁと一安心。しかし。
ほっとするのも束の間、なんとその男性が戻ってきて、
またもや僕の目の前に着席したではありませんか!!しかもまた窓際!!
え〜〜〜〜!他にも席空いてるやん!!!と心の中で叫んだのですが
男性はじっと窓の外を眺めていました…。

でも、こう偶然(?)が続くともう話をしない訳にはいきません。
すごく自然に僕たちは会話を始めました。
「どちらまで行かれるんですか?」
話してみるとすごく気さくな方で、出身は仙台、
今は仕事の関係で大阪でホテル暮らしをされてるとの事。
「たまに18きっぷとか使ってこうやって旅にでるんですよ」とおっしゃっていた。
この後の予定は香住あたりで下車してカニでも食べてそのまま大阪に帰ろうかと。

席は狭かったけれど、今度は楽しい時間を過ごせた。
久々に見知らぬ相席の人と話をしたように思う。。
そういえば、昔(学生の時)はこんなことがよくあったなぁ。
これが18きっぷの旅だったような気がする。
人とのふれあい。これも旅の醍醐味だったなぁ。
またこんな機会があればぜひ声をかけてみようと思った。。





f0180085_23554119.jpg
さて、城崎あたりから雪はだんだん少なくなってきて
日本海に出るとほとんど雪はありません。
えー?なんで??


f0180085_23555955.jpg
そんなこんなで間もなく餘部に到着。
写真はちょうど餘部鉄橋渡ってるところです。。


f0180085_23561454.jpg
これが新・餘部鉄橋。右の方に少しだけ古い橋梁が残されています。


f0180085_23563187.jpg
雪は少ないけれど海は大荒れ。波もかなり高かったです。
人影もほとんどなくかなり寂しい感じ。でもせっかく来たので撮影タイム。
餘部鉄橋をじっくり撮るのは初めて。
なので今回はちゃんと撮影スポットをネットで下調べをしてきましたよ。。
ネットによると…


f0180085_23564821.jpg
え〜〜〜〜!ここ〜???。
かなり波も高くて、もし波にさらわれても誰にも気付かれないんじゃないか??
今回は一人だし…。。
でもせっかくなので行ってみましたよ。。かなりの恐怖を感じました。
でも思いの他イマイチな感じだったので撮影はしてません。


f0180085_2357738.jpg
すみません。おわびに近くの漁港です。
さて次のポイントに移動です。
ネットによると次は…


f0180085_23572121.jpg
反対側の岩場です。。
え〜〜〜こんなとこ行けるの??


f0180085_23575461.jpg
海岸線沿いは波が高くて近寄れそうにありません。
拡大してみるとその上に道路が通っています。
とにかくせっかくなので近くまで行ってみることに。


f0180085_23581077.jpg
車道を進みさっきのポイント近くまでくると
なにやらリボンがくくりつけてありました。
なんだこれ?
山でよく見る道しるべです。
近寄ってみるとなにやら道が見えます。そして…


f0180085_23582977.jpg
え〜〜〜〜〜!ここ降りろってか〜〜????
誰が取り付けたのかロープが岩場まで垂れ下がっていました。
確かにここはロープなしでは降りれそうにありません。
撮り鉄の世界ってこんなに過酷なのかとこの時初めて実感しました。。
もう、ここまでくれば命がけですな。。
降りるか、戻るか悩みましたが
ここで元ワンダーフォーゲル部の血が騒ぎました。
せっかくだし降りてみることに。


f0180085_23584640.jpg
こんな感じでロープを頼りに降りてみました。
おかげで手は泥だらけ。
撮り鉄には軍手が必要だということを学びました。
降りてみるとパンの袋や空き缶が。確かに前にも人が訪れた痕跡が見られます。
こんなとこ、よこよう来るなぁ…
撮り鉄たちの情熱を感じましたよ。。。


f0180085_2359061.jpg
そこで撮った渾身の1枚。
定番の画ですが。。


f0180085_23591343.jpg
ちょっと望遠で。


f0180085_23592691.jpg
さびれた漁港もなかなかよかったです。


f0180085_2359385.jpg
もっと前に来ておきたかったなぁ。。


f0180085_23595559.jpg
そして定番のお立ち台で新はまかぜをゲットできました。


つづく


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kotobanohaoto | 2011-02-22 00:01 | 鉄道


<< 鉄道情景 ~日帰り18きっぷの... 鉄道情景 〜日帰り18きっぷの... >>