2012年 秋の双六岳へ その2  双六岳から三俣蓮華岳へ

f0180085_130289.jpg
2日目。
僕とNくんは双六小屋から双六岳~三俣蓮華岳を経て日本百名山の鷲羽岳登頂、
そして時間があればもう一つの百名山、水晶岳に登頂して再び双六小屋に戻るプラン。
ひろえさんは山登りはせず、双六小屋でのんびり過ごすことに。
本を読んだり、小屋の方とコミュニケーションとったり、
山でホットケーキなんか焼いたりするそうで僕たちの分も焼いておいてくれるそう。
前日ひろえさんの重いホットケーキミックスも運んだことだし、前日の苦労も報われそうです。
そんなのんびりした山小屋ライフも楽しそうだなぁと思いつつも僕たちは山を目指します。






f0180085_1303947.jpg
1. 双六岳山頂からご来光を見ようと夜明け前に登り始めましたが
この日もあいにくの空模様。雲がかかっていてご来光は望めそうにありません。
それでも山々に雲がかかっている姿は感動ものでした。


f0180085_1305061.jpg
2. 月明かりの下のNくん。雲の流れが早かったです。


f0180085_131012.jpg
3. 双六岳山頂が見えてきました。山頂付近の草紅葉の中を進みます。


f0180085_1311072.jpg
4. 途中、再び雷鳥の姿が!ひょこひょこ歩き回る姿が愛らしかったです。。


f0180085_1311996.jpg
5. 日の出の時間。雲の切れ目から一瞬だけ光が差し込み一部分だけですが山を照らしていました。。


f0180085_1313037.jpg
6. 2,860m、双六岳山頂です。。


f0180085_1314190.jpg
7. 山の向こう側に、双六小屋からは見えなかった雲に浮かぶ黒部五郎岳を望む事ができました。。


f0180085_1315144.jpg
8. 双六岳山頂で黒部五郎岳を眺めながらの朝食は最高に美味しかったです。。
献立はシチューとパン、そしてサラダです。。


f0180085_132290.jpg
9. 日が高くなるにつれ黒部五郎岳の山頂に雲がかかり始めました。。
僕たちもそろそろ出発します。。


f0180085_1321158.jpg
10. 朝の山々はいつもながら神々しく。。


f0180085_1322238.jpg
11. 黄金に染まった秋の稜線を歩きます。
手前が三俣蓮華岳。奥右側が鷲羽岳で奥左側が水晶岳です。



f0180085_1323272.jpg
12. 紅葉も見事です。思わず佇むNくん。。


f0180085_1324279.jpg
13. 双六岳から三俣蓮華岳の稜線歩きは本当に気持ちよかった。。


f0180085_132534.jpg
14. 途中、ブロッケンも見れました。。


f0180085_133479.jpg
15. 沸き立つ雲に煙る山々。。


f0180085_1331627.jpg
16. もののけ姫のような世界。。


f0180085_1332831.jpg
17. 雲の上の道。。あの道も気持ち良さそう。。


f0180085_1333860.jpg
18. 帰りはあの道を通って帰ります。双六岳から鷲羽岳へ向かう巻き道です。


f0180085_1335010.jpg
19. 三俣蓮華岳への最後の登り。やはり山は雄大だなぁ。。


f0180085_134218.jpg
20. 2841m、三俣蓮華岳山頂です。。


f0180085_1341493.jpg
21. 相変わらず雲は多いですが素晴らしい眺め。


f0180085_1342665.jpg
22. 紅葉も見事です。


f0180085_1343515.jpg
23. 三俣蓮華岳を後にし、三俣山荘が見えてきました。
紅葉と鷲羽岳の姿が美しい!!いよいよ鷲羽岳アタックです!


つづく
[PR]
by kotobanohaoto | 2012-11-20 01:34


<< 2012年 秋の双六岳へ その... 2012年 秋の双六岳へ その... >>